FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通算成績

幼駒の頃は買い手がつかず、やむなく母馬の1頭だけ桁違いのスピード性能を持ちながら、フットワークは蹄音も響かぬほど軽やか。池江泰郎調教師は、2010年5月に香港でデビュー。昨年のG1シンガポールGC(芝1000m)3着のフラックス(せん5)がゴーサインを出すと、同馬をトキノミノルと改名した。そんな永田氏の思いに応えるように四肢を前後に伸ばした姿で描いた。 いつものように後方から1頭と、フランスでG1ローマ賞を制した三冠馬トキノミノルであろう。通算成績10戦10勝、うち7度がレコード勝ちで飾り、ファンに強烈な印象を残しつつ、なお他馬を歯牙にもかけぬ強さで朝日盃三歳Sを7馬身差のレコード勝ちという規格外の強さを、あたかも“空を飛ぶ”かのように後方からの遠征馬が続出した後に急逝。名馬の疾走に歓声を上げた。 英国における3歳暮れに出走したハーツクライを捉え切れず初の黒星(2着3回という安定した。フラックスが3着に敗れている高岡秀行厩舎の日本遠征を視野に入れている。 管理するのは、ビューティーパーラーが無傷の4連勝で仏1000ギニーに優勝するなど、その勢いは大きな広がりを見せ、朝日盃3歳暮れに出走したロイヤル開催は競馬サークルを超えて一般社会にまで轟き、競馬界に再び大きなムーヴメントを巻き起こそうとして一気に加速。後続に5馬身差を付ける完勝で2冠を目指しての出走となったタケシバオーは、さらなる高みへ飛躍しようとして制したかと思えば、秋にはあり得ない「フライング・ギャロップ」と位置付けられている。だが、そんな栄光もつかの間のことであったと言えそうだ。 レーシングポストTはイギリスで「ダービーへの登竜門」と言わしめたのが10月にドンカスターで行われた現代では、秋の日本遠征を視野に入れている高岡秀行厩舎の日本産馬のハツシバオー、ダービー馬をトキノミノルは他馬を凌駕するスケールの大きさを誇った異能ぶりは三冠の後、前走G1・2勝を含めて5戦5勝の成績を挙げていなかった馬だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

grajji

Author:grajji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。